英会話アシュフォート 大森校 > 中学生のための総合英語

2020年度よりついに大学受験の制度改革が始まりました。英語に関しましては、これまでのリーディング一辺倒ではなく、リスニング、ライティング、スピーキングを身に付けるべく、英検やTEAPなどの民間テストが進学に使用され始めました。
 これら総合的な英語力は、正直言ってほとんどの学校や塾では身に付けられません。それらを教えられるスキルと経験を持った講師がいないからです。

一生続く英語との付き合い


 実際の話、中学校から英語についていけなくなると、その後の長い人生なかなか苦労します。これは他のどの教科よりもと言えるかもしれません。
 
 英語は語学なので、どうしても積み重ねが必要です。中学校1年の英語ができなければ、中2の英語がわかるはずはありません。中2ができなければ中3と同じようなことが、高校、大学とひたすら続きます。
 
 そしてそのできないのが続いてもなかなか終わりがやってきません。卒業に、進学に、就職に。昇進に。転職に。プライベートの交流人脈作りなども含め、できる人に比べてどうしても不利な状況が一生続きます。
 
 実際にそうして苦労されてきた大人の方がスクールにいらっしゃいます。英語はできるだけ早く得意になっておくことが絶対にお勧めです。

変革期を迎えた進学制度。


進学制度が現在変革期を迎えています。筆記のみを主体としたテストのための英語から、実用的に使える英語を身につけている受験生を優遇する形にすでに変わって来ています。英検やTEAPが優遇されているのはそのためです。
 
進学のために「高校3年までに準1級を取っておきたい」と言う生徒さんをこれまでたくさん指導してきましたが、今後はさらに増える流れです。
 
 英検も急に高い級は取れません。一つずつ英検の級アップのお手伝いをいたします。

最終的に本当に使える英語を。


はっきり言います。学校や塾で試験のためだけに勉強した英語は役に立ちません。
 
 私自身、大学まで必死でテスト勉強して早稲田大学に入学し卒業しましたが、その後外国人とコミュケーションを取らなければいけない場面では全く役に立ちませんでした。「あんなに難単語を暗記し、構文を覚えたのに...」「文字で読めばわかるんだけど...」という結果でした。
 
そんな経験をしつつ、現在では英会話講師として毎日外国人講師などとコミュニケーションをとるに至る講師KCが4技能を伸ばすレッスンを行います。それは学校で行うリーディング、ライティングだけでなく、リスニング、スピーキングのトレーニング。これらははっきり言って塾や学校では身に付けられません。
 
 逆に言えば、ここで英語の勉強の仕方、仕組みをしっかり身に付けてしまえば今後の英語学習に大きな違いが生まれます。

年間1400時間を超えるレッスンをし続けてきた経験からのアドバイス。


学校ではしにくい基本的な質問、受験のための難しい問題、その他もろもろ個別指導30分の間に何でも聞いてください。
 
自分で言いますが、英語指導に関しましては、塾で教えるバイトの大学生や講師はもちろん、学校の先生の指導とは全く違うレベルで教えます。
 
自分自身経験してきた高校、大学受験、10年以上の語学スクールでの学習、留学経験、国際指導者資格取得、そして年間1400レッスン以上3歳のお子様から英検1級レベルまで教えてきた経験が元になっています。自分がわかるだけでなく、全く分からない生徒さんに分かりやすく教えること、そしてサポートすること。それを中学生に行います。
 

たっぷりの90分レッスン


0:00-0:40 最初40分間 個別質問、勉強計画相談等

まず生徒一人一人の質問、1週間の学習計画を受け付けます。


0:40-0:50 単語ミニテスト(宿題)

宿題の英検単語集からミニテストで語彙力、発音力を確認します。


0:50-0:70 20分間 リスニング、ディクテーション、発音、シャドーイング、応用スピーキング練習

パワーポイントと70インチの大スクリーン、ホワイトボードを使い、英検のリスニング問題を聞き取り、書き取り、そして発音、シャドーイングで完全に身に付けます。その後はその問題の表現を使った会話練習。使えるレベルまでに持っていきます。


0:70-0:90 20分間 文法、リーディング、応用ライティング練習

こちらもパワーポイントとスクリーンを使って、英検の文法、リーディング問題を中心に演習していきます。細かいところまで完全に理解できるところまで学んだら、そちらも応用のライティングができるまで力を付けさせます。

8名までのレッスン。


中学生で90分間責任を持って全員のチェックができるのは8名までと判断します。それ以上は受け付けません。

カウンター