counter カウンター

① TPR(Total Physical Response) と英語劇

ゼスチャーや短い劇で英語を学ぶ。

 この年頃の子供たちは英語を頭で理解すると共に体を使ってゼスチャーで表現することが効果的です。また会話のシチュエーションに合わせた短い英語劇でも自然な会話を身につけます。

歌やリズムにあわせて。そしてDVD作成。

 このコースでは、CDのリズムや歌に合わせてのTPRを行います。ノリノリの歌に合わせてhead, shoulders, feet, armなど体の部位を覚えたり、それに合わせて発音をマスターします。
 英語劇では、実際にハンディカメラを使って撮影をしています。うまく言えるまで練習するので、いつの間にか台詞を英語で身に付けて行きます。撮影した録画はDVDに編集して無料でプレゼントしています。

英語劇台詞例:What's your name? How are you? May I come in? Here you are. Let's play tag!

場面を劇で演じます

クリックすると拡大します。

② Let's beginコースブック

工夫がいっぱい!世界のベストセラーで学ぶ。


 Let's beginからは世界で最も支持されているコースブックを使って、英語の基礎のリスニング、ライティング、リーディング、スピーキングを体系的に学び始めます。スパイラル学習(積み上げながら登って行く学習法)によって、飽きさせずに基礎の反復と応用力が身に付くすぐれたテキストとワークブックです。

基本表現をしっかりとマスター。

 幼児と違ってこの頃になると勉強としての英語という意識で学ぶ事が出来始めます。ターゲットの表現を繰り返し練習し、ワークシートでしっかり身につける作業もできるようになります。テレビゲームや歌、チャンツでも楽しく学習します。

使用教材: Let's begin テキストブック、ワークブック、CD-ROM

テキストより

クリックすると拡大します。

③ ライティングとフォニックス

ワークブックとたくさんのカードで楽しく学びます。


 モータースキル(脳から手足への伝達能力)が発達し、鉛筆や塗り絵の技術が急に向上するこの時期には、楽しいワークブックをたくさんやることが効果的です。パズルやゲームを含め、たくさんのフラッシュカードを使いながら学んでいきます。

まずはアルファベットと頭文字フォニックスをマスター

 このコースでは英語の基本となるアルファベットの読み方や書き方をまずしっかりマスターします。ライティングをマスターする事で、リーディングやスピーキングの向上にもつながります。そしてフォニックスのスタートとして、そのアルファベットから始まる単語を覚え、文字と発音のルールを学び始めます。

使用教材: A Sesame Street Treasury of Words and Numbers, Dr. Little Word bookなど

アルフォベットと読み方に親しんでいきます

クリックすると拡大します。

③ 読み聞かせ

物語から自然に英語を学ぶ。


 子供は楽しい絵本を読んでもらうのが大好き。自分に身近なことから全く知らない冒険まで絵本の世界にのめり込んでいきます。そうした物語の中で話される言葉や出てくるキャラクターは子供にとってとても興味深いもの。そんな状況でたくさんのお話を英語で聞いていると、いつの間にか自然な英語が頭と心に染み付いていきます。

『Oxford Reading Tree』『Curious George』…いろいろな世界へ

 イギリスの80%の小学校で国語の教科書として使われている『Oxford Reading Tree』では、イギリスの日常を背景に、キッパーファミリーの物語がレベルに合わせた長さで描かれています。文字のない簡単なものから始まり少しずつ文章が出てくるので、易しくそして何よりも楽しく読む事ができます。その他『Curious George』やいろいろな絵本が子供たちは大好き。夢中になりながら英語の物語を聞いたり、予想したりして英語だけでなくたくさんのことを学びます。

使用教材: Oxford reading Tree シリーズ:『Big Box』『The Apple』『Watch Out!』『Floppy Floppy』『Hedge hog』『At School』『See Me Skip』『What a din!』『Hide and Seek』『Big Feet』『Good Dog』Curious Geogeシリーズ:『Discovery Day』『Neighborhood』『Takes a job』その他 Eric Carl:『The very Hungry Caterpillar』など

楽しいお話をたくさん聞きます。


クリックすると拡大します。

アシュフォートのキッズレッスンはクオリティが全く違います。

どうして?

1、講師が良いから

 講師は外国人が良いと思っていませんか?大人の上級者ならともかく、初心者やキッズを教えるには専門のノウハウと経験が要ります。大手のスクールで「外国人に習ったけど何を言っているか全くわからずに楽しくなかった」という声をよく聞きます。やはり子供達も「英語がわかる!できる!」ということが楽しさにつながります。

 アシュフォートでは国内の小学校指導者資格だけでなく、TESOL for Childrenという国際英語指導資格をクリアしたTakeshi先生を中心に、その指導を受けた外国人が担当をしています。「わかりやすいから楽しい!」と子供達は楽しく学んでいます。

2、少人数制だから

 多くのキッズスクールは8人以上とか大人数でレッスンを行っています。その人数で行えるのは、ダンスとかゲームが中心になりますが、大体の場合なんとなく遊んで楽しかったというレベル。そしてその大人数が同じレベルの子達ということはまずあり得ません。得意な子やまだよくわかってない子がいたり、やんちゃな子やおとなしい子がいたり...

 ライティングや発音なども含めたしっかりとしたレッスンをしながら講師がしっかりと一人一人見てあげあげられるのはせいぜい4人までだと思っています。その分お金の利益は少ないですが、生徒さん一人一人の満足度を優先しています。

3、教材が良いから

 アシュフォートではテキストだけでなく、それを楽しむためのカードやゲーム、ビデオ、パワーポイントの大画面などオリジナルなものをたくさん使っています。そして、劇などをしながらビデオの撮影を行っています。子供はそういった活動が大好き。いつもレッスンを楽しみにしています。


生徒さんの声

しおんくん(小3)
英語の歌、ゲームがすごく面白かった!また英語やりたい!
らいむくん(小4)
歌を大きな声で歌って楽しかった!
もえちゃん(小3)
たくさん英語を覚えられて楽しかった!英語の劇が楽しかった。
こうへいくん(小5)
ドラマアクションでビデオに撮ってもらえるのが楽しい!Dansinglishでは踊りを踊りながら表現を覚えられて超楽しかった。
あんなちゃん(小3)
歌をうたったりして英語が面白かった!もっと勉強したい!